お探しの情報は見つかりましたか?

加齢臭の臭いを良い臭いだなと実感する人はあまりいないとおもう。
殆どの人は不快な臭いだなと実感するとおもう。
どうやって人間は良い臭い、嫌な臭いと決断しているのだろうか?
人間が呼吸をすると嗅神経細胞と云う鼻の奥にある臭いセンサーの所に臭いの分子が到達してくるのである。
以下の段階でセンサーが嗅覚中枢へ臭いを信号として送る。
この時点で臭いは実感しているが、良い臭い、嫌な臭いの決断はまだ付けられていない。
決断を付ける場所は大脳皮質と云う所で、結局脳が良い悪いと決断をしていると云う事に成るのでやっぱり個人差はでて来てしまうだろう。

この過酸化脂質を消耗させるには動物性脂肪の摂取を控えて脂質の酸化を防ぐと云う事をしなければならない。
またこれ以外に過酸化酸素をできる限り体内で出さない事も重要に成る。

また費用をかけるだけかけて失敗すると云う事も勿論有り得る。
であるから、手術をする事は最終手段として考慮する様にして、まず初めはお金がかからない様に生活改善をしてから考慮してみては良いのじゃないかとおもうのである。
それでもどうしても治療と云う事にこだわるのであれば、まず初めは専門医と対話をしてから考慮する様にしてみてはどうだろうか。

それと、加齢臭の治療を考慮する前に、加齢臭の事をキッチリと自身で認識しておく必要もあるとおもう。
加齢臭が気になり過ぎて治療すると云う所まで来ているのであれば、それなりに心にショックを授けられているのじゃないかとおもう。
まず初めは自身には加齢臭があると云う事を認識して、改善をし、治療まで足を運ぶと云った順路を辿った方が良いとおもう。



スポンサーサイト



カテゴリ
タグ