お探しの情報は見つかりましたか?

加齢臭の臭いを良い臭いだなと実感する人はあまりいないとおもう。
殆どの人は不快な臭いだなと実感するとおもう。
どうやって人間は良い臭い、嫌な臭いと決断しているのだろうか?
人間が呼吸をすると嗅神経細胞と云う鼻の奥にある臭いセンサーの所に臭いの分子が到達してくるのである。
以下の段階でセンサーが嗅覚中枢へ臭いを信号として送る。
この時点で臭いは実感しているが、良い臭い、嫌な臭いの決断はまだ付けられていない。
決断を付ける場所は大脳皮質と云う所で、結局脳が良い悪いと決断をしていると云う事に成るのでやっぱり個人差はでて来てしまうだろう。

より加齢臭対策に効果的な物としてはスカベンジャーと呼称される抗酸化剤を取る事が良いと云われていて、把握出きやすく云うとビタミンCやビタミンEがたくさん含有されている食品が良いと云われている。

こういった体の変化は男女で差があるみたいで、男性のケースの場合には40歳をすぎた辺りから加齢臭の原因となるノネナールと云う物質が出はじめ、加齢臭として体から臭いを生起させてしまう様になってくるのである。
他方女性のケースの場合には40代ではまだ加齢臭を生起させると云うまでには至らないが、50代以降になり閉経をしてしまった後に加齢臭の原因となるノネナールが少しずつ増大してくる様になり、加齢臭を生起させてくる様に成る。
段々と臭いと云うのはでてくる為に男性は40歳代以降に、女性は50から60歳代以降に加齢臭がでる可能性があると云う事に成る。

動物性脂肪はただでは酸化しないのであるが、喫煙やお酒、ストレスという心理的負荷、油っぽい食物と云ったものが原因で酸化してしまうのである。
また男性の方が加齢臭のイメージがつよいのは皮脂の分泌量が少なくないからだと云われている。



スポンサーサイト



カテゴリ
タグ